• トップページ
東京都の美容皮膚科 > 治療一覧 > 日光性のしみとは?

一覧ページに戻る

日光性のしみとは?

口コミ評価の美容外科ランキングはコチラ

日光性のしみとは?

老人性色素斑(日光性色素斑)と呼ばれ、紫外線によるシミです。
形は不定形で、日光によくあたる顔・手の甲・腕などにできる茶色いシミ。
大きさは米粒くらいの大きさから5センチと大きなサイズに及びます。

一つだけのこともありますし、多くのシミになることがあります。
皮膚の変化がハッキリできて紫外線などの皮膚損傷が生じます。
初期段階では色は薄いですが目立ちません。
次第に濃くはっきりしてきます。

普通の症状は平らですが、時間経過によって隆起することもあり、通常は老人になってからです。
中には二十歳代から発症するケースもあります。
60歳を越すと必ずといって出てくる一般的なシミです。
皮フ科外来でも典型的な症状です。

日光性のしみはどのように対処するのか?

最も望ましいのはQスイッチアレキサンドライトレーザーで取り切ること。
このレーザーは強いタイプのレーザーで7日から10日程度の一時的に、かさぶたになるデメリットがあります。
お仕事が忙しかったり、接客業だったりするならばフォト治療の方法もありです。
これならば、次第に薄くできます。

シミが10個以上ある場合は、すべてのシミをレーザーで取り切るのは難しいです。
この場合は、フォト治療で次第に薄くするほうがいいです。
精神的・金銭的な負担もすくないでしょう。

フォト治療は合計6回程度の施術で頻度は1か月に1度。
そして、のこったシミだけをピンポイントでレーザー治療で取る方法もあります。

レーザー治療に不安があるならば、ルミキシルクリームなどの美容クリーム・トレチノイン・ハイドロキノン療法で取り切ったり、薄くしたりすることもできます。

老人性色素斑を治療する場合のポイント

単純にレーザーやフォトを照射するだけではありません。
老人性色素斑をしっかりと、診察してくれて肌質・肝斑(かんぱん)との合併がないか確認してくれるかどうか確認しましょう。
レーザーを照射しても4割は別のシミができてきます。
アフターケアがあるのかどうかもチェックポイントです。

シミ消し治療の詳細はMAクリニック心斎橋の公式サイトへ

このページを見た人は、この記事も見ています。

美容外科の口コミ評判ランキング

品川美容外科
全国展開、確かな技術力、丁寧なカウンセリングが高評価!!

オラクル美容皮膚科
アジア最大級の美容皮膚科がついに東京新宿に誕生しました!!

ユーザー口コミ評価 9点

オラクル美容皮膚科 公式サイト

美容外科の情報を詳しく見る

オラクル美容皮膚科は、美容大国韓国で人気の美容皮膚科です。韓国以外に世界各国にクリニックを設けていたのですが、2015年に満を持して東京新宿に開院された有名な美容皮膚科なんですよ!

特徴としては、患者一人一人に合わせた治療を行ってくれる点で、ホームページを見てもらったら分かるように、治療方法がかなり豊富!さらに、安価で治療を行ってくれるので定期的にメンテナンスに訪れる女性に喜ばれています。

オラクル美容皮膚科について詳しく見る

オラクル美容皮膚科の症例写真

オラクル美容皮膚科の症例写真

オラクル美容皮膚科の症例写真を詳しく見る

治療法 料金
【しわ】しわボトックス/リジェノックス 8,000円 ⇒
パーツモニター
初回限定5,500円
【シミ・肝斑除去】ブルートーニング(1回 / 頬のみ) 15,000円 ⇒
初回限定 5,800円
【毛穴・ニキビ】アクアピーリング(1回) 12,000円 ⇒
アンケートモニター
初回限定 7,400円
【美肌・毛穴・ニキビ】ミルクピーリング(1回) 20,000円 ⇒
アンケートモニター
初回限定 12,000円
【たるみ】
サーマクール/400ショット
135,000円 ⇒
パーツモニター
初回限定 68,000円

オラクル美容皮膚科の施術料金を詳しく見る

美容外科の情報を詳しく見る

▲ ページトップへ戻る

美容皮膚科について

治療一覧

美容皮膚科一覧